子供の面倒を見ながらも日々の家事が効率よくなる方法

子供を見ながら効率よく家事を進めていく方法

子供の面倒を見ながら家事を効率化

では子供の面倒を見ながらでも家事を出来るだけ効率化し負担を駆るこすることは出来ないのでしょうか。
まず前提としてすべてを全力ではやらないと気持ちを切り替えることがこの場合大事になってきます。
何もかも100%でやろうとしないで出来る範囲の70%でよいと考えることで効率化への工夫になります。
出来もしない100%より出来ている70%の方が効率的で良くできているのです。
又食材の買出しなどの時間を節約するためにネットスーパーや宅配サービスを利用するのも良い方法です。
出かけなくても買い物ができる事で大幅な時間の節約になり休憩する時間も作れます。
そして買い物する食材は冷凍が聞くものや冷凍食品などを活用すると調理にかける時間が大幅に短縮でき効率化に繋がります。

色々ある気持ちや要領の改革で出来る効率化

あと子供の面倒を見ていれば子供には必ず昼寝の時間があります。
この時間の使い方が最も重要で残っている家事の処理時間に当てても良いでしょうし、割り切って休憩に当てても良いでしょう。
どちらもひとりになれる貴重な時間になりますので、有意義に利用するようにしましょう。
そして一番の効率化のテクニックは誰かに手伝ってもらうことです。
ここで言う誰かとは当然ご主人のことです。
少しでも理解のあるご主人なら家事の一つや二つは手伝って当然といえるでしょう。
もう少し言うなら半分に等分しても良いくらいですね。
こうした家族の理解がなくては奥さん自体がつぶれてしまいますので、家族の協力は必須といえるでしょう。
こうして家事をとにかく効率化して子育てと家事を両立していきましょう。